価格が明確になった葬儀

これだけは押さえておきたい葬儀事情!千葉編

葬儀は千葉など地域の繋がりが深い地域では価格が不明瞭になりがちでしたが、僧侶への報酬も含め、費用は明確になってきました。

[+IMAGEALT+]

価格が明確になった葬儀

葬儀費用は会館の使用料金、僧侶へのお経代金など不明瞭な部分が多く、特に僧侶への報酬はお布施と呼ばれ、相場は決まっているものの明確ではない、といって不明瞭なものでした。

千葉など地域の繋がりが深い地域では大規模な葬儀を行いやすい傾向にあり、葬儀費用は高額になる傾向にありました。

実際に全国平均と比較しても千葉の葬儀費用は高くなっており、都市部に近い点など参列者が多い事から葬儀費用も高額になっていっているようです。

実際に葬儀は自宅で行うだけのシンプルなものでしたら費用は多額にはなりませんが、会館を使っての葬儀である場合は会食など食事費用も必要になります。

地域ではホールに直接移動する為のバスの費用なども必要になりますし、受付の人件費も必要になります。

葬儀業者も最近の傾向として家族葬が多くなっている点はわかっていますが、大規模な葬儀も需要がまだ高く、必要とされています。

その為、故人の為ということで設備を良い物を使う事を勧め、最終的に高額な葬儀になってしまう事も珍しくありません。

葬儀では香典などで費用を回収する事も出来ますが、葬儀費用には届かない事が大半です。

葬儀を行う場合は自分の家計にあった葬儀を行いましょう。

逆に香典などの費用を回収後、余ってしまった香典はどうすべきなのか。

こちらの記事を参考にしてみてはいかがでしょう《葬儀で余った香典は誰のもの?

自分が死んだときのために、と故人が葬式代を残していたとしても銀行に預金している分は葬儀が終わり、相続完了するまで使う事は出来ません。

葬儀費用は予め別にいつでも使える費用として残しておくべきなのです。

銀行は安全な保管場所ですが、亡くなった場合おろせないリスクも考えておきましょう。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント